和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ健康ノロウイルスによる食中毒にご注意を!
 
2017年1月25日 更新
印刷用ページを開く
ノロウイルスによる食中毒にご注意を!
今年もノロウイルスによって、感染性胃腸炎を起こす方が増加しています。

十分な体調管理・手洗いなどの予防が重要です。
ノロウイルスって?
ノロウイルスの流行時期は毎年11月から3月までの寒い時期です。ノロウイルスは耐性が強いので、なかなか消滅しにくいという特徴があります。

ですが、適切な処置をすれば症状の悪化を防ぐことができるので、しっかりと対処法を身に付けましょう。
ノロウイルスはどうやって感染するの?
ノロウイルスの大部分は、食べ物や飲み物を経由して感染しています。消毒していない水道水や、貝類、生肉は特に危険なので、注意が必要です。

そして、ノロウイルスは空気感染もあります。発生時期になったらなるべく人混みを避けましょう。

また、嘔吐物や便を拭き取っただけなら、そのままウイルスは残っているので、高確率で周りの人にうつります。
ノロウイルスにかかったら、どんな症状が出るの?
初期の症状は、頻回な下痢と嘔吐、38℃までの発熱です。ウイルスに感染してから症状が出るまでは1〜2日で、症状が治まるのも、1〜2日です。
治療法はあるの?
現在は、このノロウイルスに効果のあるお薬はありません。

しかし、人の体は、ウイルスが体に侵入した時、ウイルスを体の外に排出しようとする能力があります。ノロウイルスの場合も同じで、下痢や嘔吐で外に出そうとしているため、下痢や嘔吐を繰り返すうちに自然に回復していきます。そのため、下痢が続くからといって、下痢止めを飲んでしまうと、逆に回復を遅らせてしまうこともあるので、薬を飲む時は医師や薬剤師に相談してください。

そして、ノロウイルスの怖いところは、下痢や嘔吐が続くことで脱水を起こしたり、嘔吐物がのどに詰まり窒息することです。こまめに水分を補給し、消化の良い食べ物を食べ体力の低下を防ぎましょう。

水分が飲めない方やもともと体力が少ない、子ども、高齢の方は症状が出たら、必ず診察を受けましょう。
予防のポイント
1.健康管理をしっかりしましょう

2.十分に手洗いをしましょう
・ノロウイルス自体は、石けんやハンドソープで消滅させることは出来ませんが、しっかりと手洗いすることで、人体に影響が起きにくい程度まで洗い流すことが出来ます。

3.正しい方法で消毒しましょう
・ノロウイルスを消滅させるには、洗剤やアルコールではあまり効果がありません。ノロウイルスを完全に消滅させるのは、次亜塩素酸ナトリウムと加熱です。

【加熱】
 *熱湯(90℃以上)で1分以上加熱する。
 *貝類や生ものを調理したまな板や包丁は、すぐに熱湯消毒する。
 *食品の場合は中心部が85℃〜90℃で、90秒以上の加熱が必要。

【次亜塩素酸ナトリウム】
 *次亜塩素酸ナトリウムの成分は、塩素系の消毒剤(商品名:ピューラックス、ミルトンなど)や家庭用漂白剤(商品名:ハイター、ブリーチなど)に入っています。

 ※次亜塩素酸ナトリウムを使って、手指等の体の消毒をすることは絶対にやめてください。
 ※次亜塩素酸ナトリウムと熱湯は一緒に使用しないでください。
 ※原液の使用は人体に影響をおよぼす危険性がありますので、濃度を守って使用してください。
 ※使用に当たっては、商品に明記している「使用上の注意」をよく確認しましょう。
感染を広めないために…
ノロウイルスに感染している場合、その嘔吐物や便にはノロウイルスが大量に含まれています。わずかな量のウイルスが体の中に入っただけで、簡単に感染してしまいます。

また、乾燥すると簡単に空気中に舞い散り、これが口に入って感染することがあるので、嘔吐物や便は乾燥しないうちに処理することが重要です。

【注意点】
 嘔吐物や便の処理をする人以外は付近に近づかないようにしてください。
【方法】
 1.処理する人が感染しないように使い捨てのマスク・丈夫な手袋、あればゴーグルやガウンを着用します。
 
 2.雑巾・ペーパータオル等で嘔吐物・便をしっかりとふき取ります。ふき取った雑巾・ペーパータオルはビニール袋に入れて密封し捨ててください。
 
 3.指定の濃度にうすめた塩素系消毒剤で、嘔吐物や便のあった場所を中心に広めに、浸すように床を拭き取り、その後水拭きをします。ふき取りに使用した雑巾・ペーパータオル等は、速やかに閉じてふん便等を包み込みます。おむつや拭き取りに使用したペーパータオル等は、ビニール袋に密閉して廃棄します。(この際、ビニール袋に廃棄物が充分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウムを入れることが望ましいです。)

※消毒剤の希釈の際も素手で行わずに手袋を使用してください。
 
 4.嘔吐物や便で汚れた衣類などは大きな感染源です。そのまま洗濯機で他の衣類と一緒に洗うと、洗濯槽内にノロウイルスが付着し、他の衣類にもウイルスが付着してしまいます。 嘔吐物や便で汚れた衣類は、マスクと手袋をした上でバケツやたらいなどでまず水洗いし、更に塩素系消毒剤で消毒してください。いきなり洗濯機で洗うと、洗濯機がノロウイルスで汚染され、他の衣類にもウイルスが付着します。もちろん、水洗いした箇所も塩素系消毒剤で消毒してください。
本文終わり
ページのトップへ
保健センター
〒647-0081 和歌山県新宮市新宮451番地
Tel: 0735-23-4511
E-Mail: こちらから